主婦でも借りれるキャッシングと借金と多重債務者の関係について

1980年代後半のバブル崩壊以来、日本は長い不景気の時代に突入しました。時を同じくして巷では、複数の消費者金融などからキャッシングする多重債務者が急増し、返済不能に陥り自殺する人の新聞報道が絶えない時期がありました。政府は、大きな問題としてとらえ、違法な金利で貸し付ける貸金業者の摘発などに力を入れ、貸金業法の改正による上限金利の設定や、年収の3分の1を超える融資を制限する総量規制の措置をとってきました。
そのおかげで、現在ではキャッシングで多重債務となる人は減少傾向にあります。ただし、貸金業者も利用者獲得のために様々な方策を考え出します。主婦でも借りれると広告する女性向けキャッシングを提供する業者がありますが、中には上限金利を超える貸出金利をとっている貸金業者もあるようです。
借金とは、お金を借りる行為です。金融機関が相手の場合は返済には利息が発生します。また、延滞した場合の利息はさらに高額に設定されていることを忘れずに、利用するにはそれなりの覚悟が必要だと言えるでしょう。