キャッシングの金利を比較

キャッシングで融資を受けた場合、借りた資金を返済することはもちろん必要なのですが、それとともに利息を支払うことも必要です。
利息の金額については、金融機関が定める金利によって計算されます。
金利は実質年率で表されることになっていますから、実質年率の低いものを選んだ方が利息の支払金額が少なくなって有利です。

キャッシングの実質年率は、契約によって定めます。
経済環境などによって変動するものもあれば、契約した時点の水準で固定されるものありますが、全体的に見れば審査が厳しい方が実質年率は低い傾向があります。
例えば、消費者金融のキャッシングの中には、審査が甘くて借りやすいものがあります。
申し込みをすれば、すぐに審査結果が通知され、そしてすぐに借りることができるサービスもあって、果たして審査をしているのかどうか疑問になるようなものもあります。

このような場合であっても、審査は行われているのですが、このように審査の時間が短いものや審査が甘いものは、どちらかというと金利は高めに設定されている事が多いです。
10%を超えるくらいのものも普通にあります。
特に、消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングのサービスは比較的高めに設定されている事が多いようです。
低い実質年率でキャッシングを利用したい場合には、まず金融機関の実質年率の決め方を知っておく必要があります。

例えば、大手銀行は低いと言われることが多いのですが、この場合であっても必ずしも低いとは限りません。
大手銀行では借入限度額が大きくなれば実質年率が低くなる傾向があります。
10万円くらいの限度額であれば、10%を超える高い年率が設定されていることが多いですが、数百万円くらいになると4%台の低い年率で借りることができる場合もあります。
限度額を高くしようと思えば、厳しい審査に通らなければなりません。
審査が厳しいと年率が低くなるという傾向は多くの金融機関に共通しています。

参考サイト:ササッと借入について
短時間で借りられることができる方法についても紹介されています。
急な出費の連続で困っている方必見です。